10/5 釣果報告 奥浜名湖(猪鼻湖)釣り

googleアナリティクス

本日も何かに導かれて?迷い込んで?

ご訪問下さった方、誠にありがとうございます。

さて、今回はK-GOくんと奥浜名湖は猪鼻湖に行ってきました。

到着したのは朝の4時頃でその日の舞阪あたりの満潮が1:40だったので

ほぼ上げ止まりくらいの時間帯に到着したのではと思います。

他の釣り人さんは居なかったので。

今回は激安フローティングミノ-を購入して、シーバス狙い。

10個で2,500円ほど。超激安のFミノーはどんなものかと。

それだけでは不安なので、青イソメを購入してウキフカセとぶっこみ仕掛けを持参。

結局は激安フローティングミノ-で1匹も釣る事が出来ませんでした。

これは安いからでは無くて使用者の腕ですね(笑)

ちなみに使用感(レビュー)を書きますと…

流石、激安といったざっくりとしたフローティング性能のミノーですが

付属のケースは凄く良い。

上下両方が開閉して10個のルアーが入れられるのですが、そこそこサイズがあり

使い勝手が良さそうです。中に入っているミノーは90mmです。

片面5個の△の深底なので大型のミノーも入れられます。

このケースだけで1,000円程度の価値はありそうな…

肝心のミノーはフロート(浮く)するものとサスペンドするものが

半々くらいで激安感が否めません。浜名湖は汽水湖なので海水ならちゃんと

浮くのかも知れませんが…汽水・海水・淡水対応って書いてますもんね。

半分くらいはスローシンキングして行き、水圧のおかげで海中で止まる。

レビューはこんなものとして肝心の猪鼻湖での釣果は…




着いてすぐに、1匹目でちょいと小型のチヌ(25cmくらい)

まぁ、チンタというやつですかね。

その後はセイゴだらけ…

しかも基本15㎝から20cm位のリリースサイズ…

セイゴは全部で30匹くらいは釣りました。少し大きめの25cm以上のものを

5匹程度持ち帰りましたが後は小さいのでリリース。

ちなみに6時頃からは湖面をずーっとセイゴの群れが飛び跳ねてました。

少し見辛いですが、1分程動画を撮ってみました。

写真を取り忘れたのですが、20cmほどのハゼが3匹。

針のサイズからは考えられないようなヒイラギが数匹…

ヌルヌルして触りたくないですね。

あとこれが良くわからないのですが…ウリ坊(イサキの子供)かと

思うのですがいつものウリ坊とは模様が違い…なんだか分かりませんでした。

※追記:どうやらコトヒキって魚みたいです。

結局、これも10cm程度のサイズでリリース。

イソメのウキフカセとぶっこみは好調でした。

そして、K-GOくんは…同じくミノーでは釣れず…イソメが触れないので

ガルプのイソメワームで釣りをするも…釣れず。

というかK-GOくん根性が無いので釣れないとすぐに飽きる。

最初の2~3時間位は頑張るのですが…すぐにスマホゲームを始めたり

クーラーボックスに座りながら仮眠する。これじゃ釣れませんね。

上の写真はゲーム中です。

このままでは久々のぼうず神に返り咲きになるので私がウェーディング中に

引いた竿を上げてもらって何とかセイゴをゲット。

一応、ぼうずは逃れたという事で…10時頃に私のコンタクトの調子が悪く

完全に角膜を傷つけたので終了。帰りの高速は目が開けられず片目で運転したので

中々スリリングでした。

釣果報告

場所  奥浜名湖(猪鼻湖))
釣行日 平成30年10月5日(金)
時間  4:30~10:00

天候:曇り時々小雨
気温:20.4℃~25.9℃
風速:2.1m/s~3.0m/s

潮汐(舞阪の潮汐から+3hで計算)
満潮:4:40 18:46
干潮:11:48 24:42

釣法:フローティングミノー・ウキフカセ・ぶっこみ
釣果:セイゴ(12~20cm程度)30匹以上

   セイゴ(25cm以上)5匹

   チヌ・マハゼ・ヒイラギ・コトヒキなどなど

The following two tabs change content below.

Hakureiの部屋

ご訪問ありがとうございます。 今回の『釣り』はもちろんのこと、バンド活動やスポーツ各種、ゲームやアニメなどなど 興味を持ち経験しましたが全て広く浅く…そのため知識も広く浅く… 専門的な知識をお持ちの方々にご教授頂けたら幸いです。 ※当ブログでは活動維持のために「Google Adsense」や 「Amazonアソシエイト」などの広告を掲載しています。 日頃から継続的に記事を更新できているのも、 読者様のおかげです。 これからも少しでも多くの釣り好きな方々に 役に立つ情報を配信出来たらと考えてますので、 ご理解頂けますと幸いです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする