裾野フィッシングパーク

googleアナリティクス

本日も何かに導かれて?迷い込んで?
ご訪問下さった方、誠にありがとうございます。

前回の日記で山中湖でのワカサギ釣りを断念しまして…

詳細は⇒ワカサギ釣り断念…

【すそのフィッシングパーク】さんに行って来ました。

私事ですが、就職して静岡に移り住んだ時に

始めて暮らしたのが裾野市だったので10数年前にも

2~3回くらい来たことがあったのですが

本当に久しぶりに来ました。

昔は入口側の大きいクリアポンドと渓流の様な

エサ釣りも楽しめるストリームエリア位だったような…

今は更にマッディポンドミックスポンドまであって

かなり広い敷地になってました。

トラウトロッド持ってないのでレンタルを考えてましたが

私の釣りの師匠【カズキング】が弟さんのロッドを借りて来てくれたので

そちらをお借りしてルアーのみ当日釣具店で購入しました。

ここで注意したいのがレギュレーション。まぁ規制とかですが

簡単に言えば釣り場のルールです。

受付に注意事項として書かれていたり、受付時に指導受けたり

大抵の場所はHPでも確認出来ます。

管理釣り場の場合はキープ(持ち帰り)が出来る匹数やサイズ、

魚種が決められているので、それに当てはまらない魚は

リリースされます。場所によっては逆にリリース禁止もあるみたい。

釣られる回数が増えれば増えるだけ魚もキズを負ったり

弱ったりします。

少しでも魚の負担を減らす為、ほとんどの管理釣り場では

バーブレスフックを使用します。

バーブとはかえし。

バーブレスフックとは返しが無い(返しを潰した)針の事です。

トリプルフック自体が禁止されている所も多いので

トリプルフック付きのルアーの場合は返しを潰しても使用出来ません。

釣具店でルアーを探す際にはフックの確認をしましょう。

バーブがあったり、トリプルフックのルアーは購入したら

シングルのバーブレスフックに交換して使用しましょう。

ワームも魚が誤飲するかも知れないので禁止が多い。

あれこれ分からないって人はスプーンかミノーでシングルフックの

バーブレスであればまぁ大丈夫かと。

行く前に上の写真のルアーを購入しましたが(帰宅後撮影なのでRYUKIはケースのみ…)

一番食いつきが良かったのがDUO製ルアー【RYUKI】(要フック交換)

45S・50S共に1投目でガッツリ!

が、しかしラインが細かったのか、ラインが痛んでいたのか…

ルアーごとラインブレイク…2個ともロストしました…

DUOさんの【SPEARHEAD RYUKI 45S】メッキアカキン

借りもののリールのドラグがかなり緩めてあって

巻いてはドラグがズルズル…という駆け引きを

4~5分繰り返しやっとの思いで手繰り寄せて

タモで掬おうを竿を立てた瞬間にプツン!

なかなかのサイズだったので悔しい気持ちと

新品ルアーを引っ掛けたまま逃げていくトラウトを

見送る虚しさ…

気を取り直してジャッカルさんの【TIMON Apeed! 3.3g】に変更。

最初からシングルのバーブレスフックです。交換不要。

何度かキャスティングするも興味は示しても

上手く食いついてこない…

業を煮やして再度DUOさんの【SPEARHEAD RYUKI 50S】ヤマメに変更。

要フック交換。45S同様にトリプルフック付いてます。

1投目!ただ巻きしながらちょいと竿先を動かしてたら

グイッ!!プツン!…ち~ん。

開始20分立たずに約2000円をロスト…

【RYUKI】は2個しか買っておらず、他にも写真のように

色々購入したのですが、もうラインを信用できず、無駄なロストが

怖かったので、泣く泣く再度、【アピード】に戻しました。

結局は私が釣り上げた8匹のトラウトは

全てアピードで釣り上げたわけですが…

これがもし【RYUKI】だったらどれくらい釣り上げたのだろうかと

想いを馳せておりました…ヒット率100%でしたからね。

フックの交換は手間ですが…

一方、ジャッカル【TIMON】製は最初からシングルのバーブレス

が付いているので買ってそのまま使用出来るので楽ですね。

次は自分のトラウトロッドを準備してある程度のサイズに

耐えられるラインを巻いて来ようと心に誓いました。

ではちょこっと当日の写真をご紹介。

↑手前に居るのが【カズキング】奥でキャストしてるのが【みなちん】です。

ちなみにここは、マッディーポンド。

↑こちらはミックスポンド。

↑渓流の様なストリームエリアの下流側でもルアー・フライが出来ます。withみなちん

↑受付からすぐのストリームエリアの上流側はエサ釣りエリアでBBQスペースも

すぐ横にあります。

魚のサイズは大きい方からクリア→マッディ―→ミックスという順番になっていました。

クリアポンドのサイズは50cmオーバーも多く見えていました。

どう見ても私たちのタックルではクリアポンドのトラウトは釣り上げられないので

主にマッディ―ポンドでキープしました。

流し台にまな板、包丁も完備されて無料で使用出来るので

釣りたてをすぐに捌く事ができます。

イワナも釣れたので家に帰って塩焼きにしました。美味し!!本当は串に刺して

焚火で焼いてやりたかったのですが…致し方なく魚焼きグリルで…

という事でワカサギ釣りには行けなかったですが、管理釣り場で十分に楽しむことが

出来ました。

ちなみに今回爆釣の夢を見させてくれた【SPEARHEAD RYUKI】シリーズのメーカー

【DUO international】さんは焼津市にある純国産メーカーさんだという事を今回知り

静岡県民として、とても親近感が沸きました。

個人的にはヒラメ狙い時にジグヘッド&ワーム【Beach Walker Haul】

よく使わせてもらっています。

静岡県民としてこれからも【DUO】さん愛用させて頂きます。

The following two tabs change content below.

Hakureiの部屋

ご訪問ありがとうございます。 今回の『釣り』はもちろんのこと、バンド活動やスポーツ各種、ゲームやアニメなどなど 興味を持ち経験しましたが全て広く浅く…そのため知識も広く浅く… 専門的な知識をお持ちの方々にご教授頂けたら幸いです。 ※当ブログでは活動維持のために「Google Adsense」や 「Amazonアソシエイト」などの広告を掲載しています。 日頃から継続的に記事を更新できているのも、 読者様のおかげです。 これからも少しでも多くの釣り好きな方々に 役に立つ情報を配信出来たらと考えてますので、 ご理解頂けますと幸いです。