オキアミハード加工やってみた。

googleアナリティクス

今回はオキアミのハード加工をやってみました。

準備した物
オキアミLL(1/24)    2個 @400円
みりん風味調味料400ml  1本 @100円
上白糖 1kg       1袋 @188円
味の素 50g        1袋 @148円
密封ケース(4個入)    2個 @100円

購入を迷った部分

⇒味の素ではなくイワシ油もしくは市販の液体集魚剤にしようか…

⇒上白糖よりも少し高いけど水分の少ないグラニュー糖にしようか…

⇒みりん風味ではなく、高いけど本みりんにしようか…

結果的に少しでも安く仕上げるために今回は上記の物で準備しました。

オキアミLLサイズ 1/24×2ブロック

みりんタイプ調味料に上白糖と味の素。

小分けの際の入れ物ちょっと大きかったかも…

まぁとりあえずオキアミを解凍します。

袋のまま入れても良かったのですが、解凍と同時に出る水分を

切るために予め開封してザルに移して解凍しました。

ラップの必要があるのかはわかりませんが、まぁこういう場合は

ラップしますよね(笑)

ちなみに私(釣り)専用の冷蔵庫なので臭いが出てもいいのですが

家庭用の食材を入れたりしている冷蔵庫の場合はご家族に怒られる

可能性も大なので臭いが漏れないように保存袋などに入れると良いです。



そのまま1日程度放置。

手でほぐすと簡単にほぐれて…水分はボウルに溜まってましたので廃棄

これを深底のトレーに移してみりん風味調味料をドボドボ投入

と、ここで事件発生!

400mlでは足りなかった・・・

ということで、奥さんに内緒で家のみりんを拝借。

本みりんとみりん風味調味料で迷いましたが、先に投入したのが

みりん風味だったので同様にみりん風味調味料の『ほんてり』を

ドボドボ投入。

今度はしっかり漬かりました。次からはケチらず1ℓで購入します。

これでラップして冷蔵庫で4時間放置。

このまま作業しても良かったのですが、もう少し冷蔵庫で放置してみる。

再度、ラップして冷蔵庫に放置すること合計9時間ほど。

まぁ良さげなので・・・ザルに移してみりんを切ります。

続いて砂糖を塗していきます。

遠慮なしにドバドバと投入。

まんべんなく馴染ませながらトレーに戻します。

再度、ラップをして冷蔵庫で4時間ほど放置。

と、ここで半透明になる予定が白っぽくてあまりなっている感がない・・・

水分が下に溜まっていて上部は上手く浸かっていないのでは?

ということで、上下を入れ替えてさらに4時間ほど放置してみました。

ザルに移して確認すると見事に赤みが増して半透明化してました。

いい感じだったので次のステップへ。

小分けしながら味の素を塗していきます。

味の素の量を多めのものも作ってみました。

LLサイズの1/24切りを2ブロックの量で370mlのケースで

5個分作れました。(上の写真のようにサラッと入れた感じで)

これを冷凍庫に入れて釣行まで保管して終了。

今回は味の素を使いましたが、イワシ油や集魚剤などを使うと

良いとも言われています。

今回は出来るだけ安く仕上げるために王道の味の素で作ってみました。

The following two tabs change content below.

Hakureiの部屋

ご訪問ありがとうございます。 今回の『釣り』はもちろんのこと、バンド活動やスポーツ各種、ゲームやアニメなどなど 興味を持ち経験しましたが全て広く浅く…そのため知識も広く浅く… 専門的な知識をお持ちの方々にご教授頂けたら幸いです。 ※当ブログでは活動維持のために「Google Adsense」や 「Amazonアソシエイト」などの広告を掲載しています。 日頃から継続的に記事を更新できているのも、 読者様のおかげです。 これからも少しでも多くの釣り好きな方々に 役に立つ情報を配信出来たらと考えてますので、 ご理解頂けますと幸いです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする