御前崎砂利埠頭周辺

googleアナリティクス

今回は前回、回る事が出来なかった御前崎港の

砂利埠頭周辺を調査して来ました。

貯木場前入口北 貯木場前入口南 砂利埠頭貯木場側眺 砂利埠頭側眺 砂利埠頭から市場側眺 砂利埠頭入口 砂利埠頭テトラ眺 砂利埠頭高堤防

始めは南駿河湾漁業協同組合さんの奥で貯木場前と呼ばれている場所に向かいました。
     ※リンクは御前崎観光協会HPへ飛びます。

が、イメージマップの写真にもある様にバッチリと道路が通行禁止になっていて…

ひょっとしたら漁業組合側の道路は通れてたどり着けるのかも…

(なぜなら西埠頭にも同じ看板はありましたから。)

しかしながら、砂利埠頭側からそのポイントを眺めましたが釣り人がいなかった。

いや正確には船が停まっていましたので、釣りが出来なくていなかったのかも知れません。

ちなみに正式には中央埠頭岸壁・荷さばき地』というらしいです。

続いては砂利埠頭と呼ばれる場所へ

この砂利埠頭と呼ばれている場所は正式には『東埠頭岸壁』というらしいです。

ここでは海上保安庁の船が停まっていました。船と船の間で釣っている方が

1名いらっしゃいました。

釣り場で見ると良く紹介されている砂利埠頭の奥にある堤防は

工事中の為、立入禁止で近寄る事が出来ませんでした。

ちなみに正式にはと書かせて頂きましたが県のHPに掲載されております。

静岡県公式HPの御前崎港管理事務所の画像と文面を引用させて頂いてます。

1.国際コンテナターミナル
2.風力発電施設(ウインクル)H26撤去済み
3.西埠頭岸壁・荷さばき地
4.タイヤマウント式ジブクレーン
5.内航ROROターミナル
6.御前崎港マリーナ
7.シェブロンジャパン(株)専用桟橋
8.水面貯木場
9.中央埠頭野積場
10.中央埠頭岸壁・荷さばき地
11.県営上屋
12.東埠頭岸壁
13.東埠頭野積場
14.中部電力(株)専用岸壁
15.マリンパーク御前崎

らしいです。

釣り人の方には


の方がなじみ深いかも知れません。

砂利埠頭の右に伸びた高い堤防の裏にはテトラポッドがあります。

穴釣り万歳!的なロケーションでした。

高い堤防の裏になりますので誰かが使ったであろうハシゴも完備?

砂利埠頭の正面からは鎖で繋がれた『立入禁止』のプレートがありますが

上の画像の建物の左には道があり、こちらから砂利埠頭の先端へ行くことが出来ます。


先端に出るとこんな感じです。

ちなみに上の写真で作業船が映っていると思いますがそこはL字型の堤防になっていて

作業船がいない時間帯(週末・夜間など)は釣りが出来るそうです。

※後日更新:実際に夜に行ったら釣りをする事は可能でしたが一応、堤防の入口には

      立入禁止のプレートがありました。(画像取り忘れ…)

      ただ、書かれている内容は危険なので入らないで下さい的な事と

      事故が起きても責任は取りませんとの事なので勝手に入って事故っても

      責任は負いませんよ。自己責任でどうぞ。とも取れる内容なので入りました。

      さらに、直角に曲がったL字堤防には『伊勢海老捕獲禁止のプレート』があり

      こちらも撮影機器を持ち歩いてなくて取れませんでしたが、釣り人に対する

      プレートに間違いなので釣りは黙認されている場所ということで大丈夫かと。

      ただし、平日の日中など作業している時は立入出来ないと考えてもらった方が

      良いでしょう。(平日の日中に行った事ないですが…)

埠頭までの正面道路の『立入禁止』のプレート↓

ここを突破すると先程の先端画像側の岸壁から水路を挟んで左隣の岸壁に出ると思います。

であればこちらはいいのかな?何も立入禁止プレート出てないし、

工事中の方に見られましたが特に怒られることもありませんでした。
※ただし、もし行かれる際は自己責任でお願い致します。

ただし、テトラポッド側も含めて釣り人を見かけませんでした。

添付写真はイメージマップにも使用しているので大体の場所はイメージマップの

△マークをクリックしてご確認下さい。※再度書きますがレスポンシブ未対応の為PCからお願いします。



The following two tabs change content below.

Hakureiの部屋

ご訪問ありがとうございます。 今回の『釣り』はもちろんのこと、バンド活動やスポーツ各種、ゲームやアニメなどなど 興味を持ち経験しましたが全て広く浅く…そのため知識も広く浅く… 専門的な知識をお持ちの方々にご教授頂けたら幸いです。 ※当ブログでは活動維持のために「Google Adsense」や 「Amazonアソシエイト」などの広告を掲載しています。 日頃から継続的に記事を更新できているのも、 読者様のおかげです。 これからも少しでも多くの釣り好きな方々に 役に立つ情報を配信出来たらと考えてますので、 ご理解頂けますと幸いです。