1/15 釣行報告 福田サーフ

googleアナリティクス

本日も何かに導かれて?迷い込んで?

ご訪問下さった方、誠にありがとうございます。

やっとの思いで2019年初の釣りに出掛ける事ができました。

なんだかんだで11月末を最後に1ヶ月半は釣りをしていなかった…

休みのタイミングが合わず…あからさまな強風…

耐えがたい低気温…まぁ自分の言い訳は尽きないわけですが

単純にこの環境も釣果も厳しい時期になかなか体が動かなかったわけです。

とりあえず、1月15日の14時~2時間程やっとの思いで体を

動かして釣りに出掛けたわけです。釣りと言うか様子見に。

先ずは福田漁港に行ってみました。

ここに来るのも何カ月ぶりか…

前日に子供と野球してたら着地をミスって足の裏を打撲するっていう

訳の分からないトラブルに見舞われて歩くと激痛が走る状態での

釣行だったのでコンクリートの上を歩くのが痛い…

まぁ平日の昼過ぎの割には人がいましたが、魚を釣っている人は

いませんでした。時合いではイワシやサッパなどが釣れているのでしょうか?

とりあえず、足が痛いので様子だけ見てすぐに撤収。

一路、遠州サーフで行った事が無い場所に!ということで

天竜川の河口の方に行ってみました。

何か一帯を工事していて、乗り入れができるジムニーを1台見ましたが

それ以外は一切車が停まってませんでしたね。マズメはどうなんでしょう?

とりあえずトラックが行き交う上に、工事車両以外の駐車禁止など

書かれているので、初見の私にはハードルが高く、ここも様子見。

その後もカーナビでサーフに行けそうな場所を見つけては

突進するも…こんなのやら

こんなのに

行く手を阻まれてUターンを繰り返す事4~5回。

やっとの思いでサーフへの道を発見。

こういった細い道を通り抜けて…

辿り着いたのですが、駐車スペースが無く…少しスペースはあったのですが

そこに停めると私の様に乗り入れできない方がUターンできなくなるので

諦めて…

というかこの場所は福田サーフから数百メートル西に行っただけの場所…

これなら福田サーフでいいやという事で改めて福田サーフに向かいました。

最近は太田川河口付近ばかり行っていたので、久々の福田公園からの

ルートでサーフインしましたがお砂場の形が変わり過ぎてビックリ。

東西に数百メートルに延びる潮だまりで波打ち際に行けない(笑)

しかも、思いのほか深い…

東西どちらかの端から回り込まないと胸くらいの深さはあって

ウエーダーでは渡れません。(まぁ徐々に浅くなると思うのですが…)

仕方がないのでぐるっと歩いて回り込んでやっと波打ち際。

以前は完全な遠浅地形でしたが、この日の波打ち際は少し違ってました

色の違いや白波の位置でお分かりいただけますか??

波打ち際から数メートル先が急に深く掘れていてその先にまた水深が

数10㎝程度の浅い地形が…

以前も数十メートル先に水深の浅い所があってそれを超える様に

遠投してましたが、こんな波打ち際でそんな地形になっているとは

驚きでした。先の潮溜まりといい福田サーフに、ここ数カ月で何があったんでしょう?




とりあえず、手前の深場もその奥も投げましたが生命反応なし

その内、福田サーフでは味わった事が無いガッツリとした根掛かり…

一生懸命にFUKUDEと戦いましたが、鈎が外れる事は無く

【飛び過ぎダニエル】はリーダーと共にFUKUDEの一部に取り込まれ

ノットを結び直す気力もなく、竿納…

色々、ドライブした結果、釣り自体は2時間しか出来ませんでしたが

新たな発見もあったので良かったであります。

場所  磐田市福田 福田サーフ
釣行日 平成31年1月15日(火)
時間  14:00~16:00

天候:晴れ
気温:10.6℃~11.4℃
風速:1.2m/s~2.3m/s

潮汐
満潮:11:48
干潮:5:11 19:11

釣法:ワーム&ジグ
釣果:BOUZU


The following two tabs change content below.

Hakureiの部屋

ご訪問ありがとうございます。 今回の『釣り』はもちろんのこと、バンド活動やスポーツ各種、ゲームやアニメなどなど 興味を持ち経験しましたが全て広く浅く…そのため知識も広く浅く… 専門的な知識をお持ちの方々にご教授頂けたら幸いです。 ※当ブログでは活動維持のために「Google Adsense」や 「Amazonアソシエイト」などの広告を掲載しています。 日頃から継続的に記事を更新できているのも、 読者様のおかげです。 これからも少しでも多くの釣り好きな方々に 役に立つ情報を配信出来たらと考えてますので、 ご理解頂けますと幸いです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする