8/2 釣果報告 御前崎港お座敷

googleアナリティクス

本日も何かに導かれて?迷い込んで?

ご訪問下さった方、誠にありがとうございます。

今回は一人で釣行。

御前崎港の西埠頭はお座敷前に行ってきました。

前回同様、仕事終わりで向かったので外は真っ暗。

仕掛けを結び直したりして職場で時間を潰して少し仮眠しようと

したのですが寝つけず…そのまま向かいました。

結果的に2時半頃に着いたのですが

さすがに車が1台だけ先に停まっていましたが人影は見えず

車内で就寝中だったのでしょう。

今回はサビキ釣りと泳がせ釣り、前回塩漬けにしたサバの切り身を

エサにしてやろうと準備しました。イソメと蛇虫の塩漬けは浜名湖で

使おうと思って今回は持って来てません。

準備している間に、一人常連さんらしい人が来て

常連さん
おはよう。奥空いてるけど奥行かないの?
はくれい
あ、おはようございます。ええ、私はここで良いです。
常連さん
そうかい、じゃあ奥で釣らせてもらっていいかな?
はくれい
ええ、どうぞどうぞ。

などと挨拶コミュニケーションを交わして、とりあえず『サバの塩漬け』を投入しようと

エサ釣りまたは泳がせ釣りで使おうと準備していた竿を職場の休憩室に忘れてしまい…

予備で車に積みっぱなしの初心者セットの安物竿に仕掛けを付けてサバを投入。

待っている間にサビキの準備と一応、ナブラが起きたらすぐに投げれるように

シーバスロッドにジグを取り付けておきました。

風は気持ちあるものの波は穏やか。

そこまで暑すぎなくていい環境でしたが眠い。

眠気が襲ってくるのでジグを投げて目覚まししようとしました所…

4投目くらいで油断して根掛かり…お座敷は岸壁近くのボトムは

根掛かりしやすい。そして何かにガッツリ掛かるので救出率が低い気がします。

PE1.5号(30lb)にフロロ28lbを付けているので、海藻に引っ掛かったりした

程度ではライン切るつもりでロッドを引いても最終的には海藻ごと引っこ抜いて来て

救出出来る事も多いのですが、ここではラインブレイク&アディオスルアーと

なることが非常に多い。

そして、今回も。4投目にしてラインブレイク。

リーダーの結び直しも考えましたが面倒なので止めました。

気を取り直してサビキとエサ釣りに専念。

暗くて穂先が見えないのでエサの竿に鈴をつけておきましたら

急に激しく鈴が鳴り、うりゃ!とアワセたらあっさりラインを切られました。

そうこうしている内にサビキで小サバが釣れ始め…

サバの塩漬けにはアラカブやコイツ↓

小サバも30匹くらい釣れたので死んじゃう前に泳がせましたが

魚体が真っ二つに食いちぎられたり、目玉だけ食われたりはありながらも

大物は掛からず。

富士の田子の浦でする泳がせやエサ釣りと圧倒的に違うのは

根掛かりでした。

この日だけで何本の仕掛け針を失ったか分かりません。

厳密には

仕掛け丸々、3個

ハリス&針6本

全て泳がせまたはエサのぶっこみと落とし込みで根掛かりしました。

泳がせでしばらく竿が動かないのでサバが死んだかな?と引き上げようとすると

根掛かりしてる。エサを落としてしばらくするから様子見で竿を上げようと

したら根掛かりしてた。という事が非常に多い印象。

田子の浦ならこんなことほとんど無いのですが、お座敷は手厳しい。

かと言って地頭方でもどれだけのエギをロストしたかと考えると

御前崎は手厳しいと言うべきか。





同じく泳がせをしていた常連さんもチヌか何かが掛かったような引きで

巻いている間にあっさりと根に潜られてロスト。

本当に手厳しい。

常連さんがいつもいるネコにサバを数匹プレゼントしていたので

私も数匹プレゼントしましたが程よく残りも少なくなったので終了。

少しだけ持ち帰り…

切り身で50個ほど次の為に作っておきました。

場所  御前崎市御前崎港 西埠頭お座敷
釣行日 平成30年8月2日(木)
時間  2:30~6:00

天候:晴れ時々曇り
気温:26.8℃~27.3℃
風速:2.9m/s~4.4m/s

潮汐
満潮:8:04 21:03
干潮:2:21 14:27

釣法:サビキ、泳がせ、ぶっこみ、落とし込み
釣果:小サバ 30匹程、小アジ 5匹 クサフグ 2匹 アラカブ 3匹

The following two tabs change content below.

Hakureiの部屋

ご訪問ありがとうございます。 今回の『釣り』はもちろんのこと、バンド活動やスポーツ各種、ゲームやアニメなどなど 興味を持ち経験しましたが全て広く浅く…そのため知識も広く浅く… 専門的な知識をお持ちの方々にご教授頂けたら幸いです。 ※当ブログでは活動維持のために「Google Adsense」や 「Amazonアソシエイト」などの広告を掲載しています。 日頃から継続的に記事を更新できているのも、 読者様のおかげです。 これからも少しでも多くの釣り好きな方々に 役に立つ情報を配信出来たらと考えてますので、 ご理解頂けますと幸いです。