5/29 釣果報告 福田サーフ ジギング(ニベ)

googleアナリティクス

本日も何かに導かれて?迷い込んで?

ご訪問下さった方、誠にありがとうございます。

休みの前日はいつも仕事終わりにそのまま釣りに行くのですが

その日は会議があったのでいつもより早起きした結果

仕事終わりには疲れ果ててしまい…夜釣りを断念。

昼過ぎに起きて、自宅から釣りに行くとしたらどうしても

自宅より西側に向かってしまう。

東側(御前崎・焼津・伊豆)は職場からの方が近いので

自宅まで来てしまったら磐田や浜松方面に向かいたくなる。

しかし、福田漁港はどうも釣れるイメージが沸かない…

お義父さんから連絡があったので浜名湖に行ってみようかとも

思って迷いながら車を出したのですが…走りながら考えた末

福田サーフに行ってみようと思った訳です。

ちなみに何度か足を運んでいる福田漁港の東側サーフではなく

太田川を挟んで西側のサーフです。実際に行ったのは初めてでした。

14:30頃について18:00頃までの釣行。

なかなか強めの斜め向かい風(南東風)で軽めのルアーは全然飛ばず…

21gのヘッドにワームを付けたビーチウォーカーハウルでも

かなり戻されて思うように飛ばず…

メジャークラフトジグパラサーフの35gとジャクソンの飛び過ぎDanielの30gが

向かい風にも負けずにぶっ飛んだのでこの2本柱で攻めました。

サーフは空いていれば基本はランガンだと分かってはいるのですが

始めてきたサーフなので、どのルアーで攻めるべきか全く想像が付かず

大きめのランガンケースに色んなルアーを詰め込んだ結果。

ウエストポーチが重すぎでランガンするのが面倒になり

左右20m範囲位の間で釣行を。

ヒラメを釣りたい一心で投げ続けましたが、アタリはなし。

日が傾くにつれて人も増えて来ましたが釣れてる様子もなし。

それでも17:30を過ぎた頃に『飛び過ぎDaniel』で

ボトムに落としてからの2度シャクリ、カーブフォールを

繰り返していると手元に『ズシッ』と来まして、

この場所では何度となく多方向に投げ続けて、ボトムから探りましたが

一度も根掛かりは無く、ヨイショ!と合わせてからの巻き上げ

『ヒラメよ、来い来い。』との思いも虚しく…ある程度の

ファイトは楽しめたものの明らかにヒラメではなく…

釣り上がったのはタイトルにあるコイツ

ニベ。

イシモチ(シログチ)とニベの違いが良くわからず、調べましたが

鱗を見る限りこいつはニベ。まぁ結局は同じニベ科で

混同されることも多いらしいのですが、属名が違うので

ちゃんと違いはあるとの事。

ちなみに釣りキチのお義父さんも写真送ったら『イシモチ』と

言ってました。まぁネットでも同じように扱っているところも

あり、混同されることは本当に多いみたいです。

しかしながら、驚きはココから…

釣った直後に私は違和感を…まず顔です。

わかりますか?鼻が潰れている…思いっきり何かに激突したように…

拡大図↓

なにコレ?って思いましたがさらにその直後…

わかりますか?背びれの辺り…

拡大図↓

何か体の中からウネウネと出て来て、押し寄せる波に流されて

行きましたが…

調べても正体は分かりませんでした…すぐ流されちゃったし…

ただ、出てきた部分の下にも不明な出血。

そして、意味不明な顔の潰れ…

身体の中は寄生虫だらけなのでは?と気持ち悪い物見たさに

捌いてみようかとも考えましたが無駄な殺生は避けて

そのまま海へお帰り頂きました。

まずまずのサイズだったので塩焼きにしてやろうと思っていたのですが

残念であります。

メジャーなかったので正確なサイズは分かりませんが

タバコの箱が9.3mmなので丁度30cmくらいです。

まぁそんな感じでヒラメは釣れませんでしたが

『ぼうず』は免れたので終了。

今回のヒットルアーは↓

今回の釣行での使用ルアーは↓

場所  磐田市 福田サーフ
釣行日 平成30年5月29日(火)
時間  14:30~18:00

天候:曇り
気温:22.8℃~24.9℃
風速:5.0m/s~7.0m/s

潮汐
満潮:4:47 18:14
干潮:11:44 23:54

釣法:ジグ・ワーム
釣果:ニベ 30cm程(リリース)

The following two tabs change content below.

Hakureiの部屋

ご訪問ありがとうございます。 今回の『釣り』はもちろんのこと、バンド活動やスポーツ各種、ゲームやアニメなどなど 興味を持ち経験しましたが全て広く浅く…そのため知識も広く浅く… 専門的な知識をお持ちの方々にご教授頂けたら幸いです。 ※当ブログでは活動維持のために「Google Adsense」や 「Amazonアソシエイト」などの広告を掲載しています。 日頃から継続的に記事を更新できているのも、 読者様のおかげです。 これからも少しでも多くの釣り好きな方々に 役に立つ情報を配信出来たらと考えてますので、 ご理解頂けますと幸いです。