5/21 釣果報告 磐田市福田漁港 サビキ・落とし込み(アジ・サバ)

googleアナリティクス

本日も何かに導かれて?迷い込んで?

ご訪問下さった方、誠にありがとうございます。

今回は御前崎地頭方でのエギングからの磐田市福田漁港です。

御前崎の地頭方での釣果報告は→コチラ。

一旦、朝5時に帰宅し、就寝。

13時頃に目覚めたので、御前崎でラインブレイクした

エギングロッドのリールにリーダーを結び直して

一息ついたら、不完全燃焼で御前崎を後にしたので

釣りしたい病が発症しまして…

買っておいたアミエビブロックを自分で更に半分に切って

使いかけのオキアミと共に福田漁港へ

14:00頃には到着し、市場側の堤防を見ると思いのほか人が

いたので、そのままサーフへ。

サーフは珍しくサーファーよりもボディーボーダー?が多くて

突堤には1名と休日に居た突堤の東側にはウインドサーフィンの

人もおらず、よっしゃ―!と思ったのだけれど、

そういえば、コマセ持って来てジグ投げてたら世話ないので

Uターン。

再度、市場側の岸壁と釣り護岸をちゃんと見に行ったのですが

入る隙間が無いとは言わないまでも、中々人が…

今、平日の昼間だよなぁ…と思いながら見てましたが

魚が釣れている様子もないけれど、皆さんチェアーに座って

談笑していらっしゃる。ここでは良く見る光景です。

そんな、市場側を後にして前回も行った西側の岸壁へ

こちら側は相変わらずの不人気で、常連の釣り師が

1名いらっしゃって、まぁ私もその辺りで竿を出す事にしました。

1本はサビキ、1本はチヌ針にオキアミつけて落としました。

じぇんじぇん、釣れません…

1時間経ち、2時間経ち…じぇんじぇん釣れません。

暇過ぎたのでアジングロッドにプラグ付けて巻いてましたが

じぇんじぇん釣れません。

日も傾いて鮮やかな夕焼けになった頃、立ち入り禁止の

堤防の上で鳴くウミドリのヒナ。ドボン!と突っ込んでは

小魚を取ってヒナに与えるウミドリの親をずーっと眺めていました。

遠くにいるんですか?とサビキを遠投してやっと数匹

アジ3匹、サバ2匹(共に15cm無いくらい)。

そんなのも一瞬で時合いも何もあったものじゃない。

今日、わかったこと、ウミドリの親が海面に突っ込んで

見事、魚を捕まえた際は『ピピピピッ!』と鳴き続けながらヒナの元へ

飛ぶ。まさに『おっしゃー!捕まえたぞ!待ってろー子供達!』って

感じで。(咥えてたら鳴けないと思うので一度飲み込んでるのでしょうか?)

逆に捕まえられなかった場合、無言。

再び、海面から上空に飛び上がり魚を狙って飛んでいる。

この鳴くか無言かって部分が個人的に面白かった。

そんな感じでその後は何も起きないまま釣れないまま19時手前になったので

終了。魚はこの数匹の天ぷらの為に油を大量に使うのが勿体ないので

リリース。(後から切り身にして冷凍してエサにすれば良かった!と後悔…)

その後にエギングリベンジで焼津に行こうか迷いながら帰路に着きましたが

結局は1号バイパスの自宅に最寄りのICでウインカー。帰りました。

場所  磐田市福田漁港 西側岸壁
釣行日 平成30年5月21日(月)
時間  14:00~18:45

天候:晴れ
気温:20.2℃~22.2℃
風速:0.2m/s~4.4m/s

潮汐
満潮:8:55 23:37
干潮:4:00 16:27

釣法:サビキ釣り(アミエビ・オキアミ)
釣果:サバ2匹 アジ3匹(共に12~13cm位)リリース



The following two tabs change content below.

Hakureiの部屋

ご訪問ありがとうございます。 今回の『釣り』はもちろんのこと、バンド活動やスポーツ各種、ゲームやアニメなどなど 興味を持ち経験しましたが全て広く浅く…そのため知識も広く浅く… 専門的な知識をお持ちの方々にご教授頂けたら幸いです。 ※当ブログでは活動維持のために「Google Adsense」や 「Amazonアソシエイト」などの広告を掲載しています。 日頃から継続的に記事を更新できているのも、 読者様のおかげです。 これからも少しでも多くの釣り好きな方々に 役に立つ情報を配信出来たらと考えてますので、 ご理解頂けますと幸いです。